Lonesome Cafe ~Punk always on my mind~

たとえ死んでもパンクであること。

お宅のお犬がお吠えになられるから、わたくし、こんなんになってしまいました、って、偽物!

夜が始まった。

眩しすぎる昼間には用はないのさ。

俺はセルフィッシュ・リベンジャー。

急ぐのさ、真夜中の墓場まで。

十字を切ってシルバースカルを気取るのさ。

 

俺は何にも知らないぜ。

 

世紀の恐怖のサーカス小屋。

転々と。

人間がいなかったし、人間がいた。

複雑怪奇、これあり。

「さあ、お仕事の時間です」

 

そこを何とかごまかして、俺は行かない場所に行く

顔馴染みの見知らぬ真っ赤な他人が

禿げかけた頭に安いポマードを塗り付ける

「さあ、お仕事の時間です」

 

明日。

もしサンドイッチされたら、俺はシャキシャキレタスになる。

コンビニを安くみたら泡吹くぞおおおおおん。。。

 

誰も知らんねやなぁ。。

誰も知っとる人おらへんねやなぁ。。

 

あの目ぇ消されてる人!

町田康+北澤組」のドラマーの北澤さんとその奥さんやで!

今はちょっと不義理していて申し訳ないんやけど、仲ようしてもらっとった人らやで!

それをほんま、頭脳警察ファーストみたいにしやがって!(ええアルバムです)

 

町田康(かつての「町田町蔵」)のライブは、昔は大阪に来るたびに観に行ってました。

小説で「成功」する前の町蔵はほんまに面白かった。

凄かった。

 

なのに誰や?!

アイツに小説なんか書かせたんは?!

「売れない」音楽やっとったらよかったのに!

ほんまもんのほんまもんやったのに、今は見てみぃ(知らんけど)、あんなんになってしもた!(知らんけど)

サーカス小屋のテレビで見たぞ!

なんか難しいこと言うとったわ。

酒飲んで暴れとったらええのに(知らんけど)。

 

こ、こ、で、

わたくしの、ものがたりが、はじまる、わけ、です、よ

 

うしゃしゃしゃしゃしゃしゃ!

思わず笑ろてもうたわ!

鼻で笑ろたら、そらラフィンノーズや!

ええ趣味してんなぁ。

アンタほんまにええ趣味してるわぁ。

ほんもんをよう分かってはるわぁ。

じゃあ、ザ・ウィラードなんてどうお?

ザ・スタークラブなんてどないかしら?

パンクロック、って、言うのよ。

だーかーらー!

パンクロック!

ほんま、ええ趣味してはるわぁ。

 

暖炉の火が燃える。

頬杖つくリベンジャー、焦る。

 

「ははは、人間が、おりよるわぁぁぁ」

 

サーカス小屋でひとり、頬杖ついてシバかれる。

ごめんなさい!

とか、

すんません!

とか、

 

ないですから。

 

それでこないになってしまいましたぁ!

有難い運びで。

実に。

実にね。

 

 

 

 

「さようなら」

 

 

 

 

月の光に熟睡を邪魔されて、

リベンジャー、

シルバースカルのリベンジャー、

暖炉の火を眺めながら、

頬杖ついて、

死ぬる。